> 膝痛の原因と家でのケア方法をお伝えします

膝痛の原因と家でのケア方法をお伝えします

  2018 08 28
  原因

こんにちは!

ABC整体グループ、

ここらぼ整体院 新宿院の河村です。

 

膝の痛みって何が原因なの?

OZP86_ashiwoyareta_TP_V

変形性膝関節症の方が多いです。

では、変形性膝関節症ってについて簡単に書くと、

変形性ひざ関節症は、加齢により膝の疾患で、

体重や運動、姿勢などの生活習慣が関連して

いると言われています。

 

変形性膝関節症についてもう少し詳しく

 

変形性膝関節症とは

 

膝の関節というのは、大腿骨と脛骨が

滑るようにして動きますが、その骨と骨とが

直接ぶつかっているわけではなく、関節に

よって繋がっていて、関節は骨の表面に軟骨

というツルツルしたをかぶせあり、

その関節軟骨のクッションの

役割をはたすのが半月板です。

 

そのツルツルした軟骨と半月板の表面が

擦れ合って動きを出しているのです。

ちなみに、軟骨の厚さは大腿骨で約7mm、

脛骨で約5mmと言われています。

それでけの厚さで走ったり飛んだりする

動きと衝撃は相当なものです。

 

動きを可能にする軟骨は、

とてもツルツルとしています。

 

軟骨面のツルツルさと滑液という潤滑剤が

氷と氷同士よりももっと滑らかに

滑ることができると言われています。

 

相当摩擦が少ないんですね。

 

また、軟骨には痛覚の神経が

ありませんので、軟骨が傷ついても

痛みを感じないんです。

 

なので、飛んだり跳ねたりして

骨同士がぶつかっても、軟骨と半月板が

あるから関節が痛くならないのです。
変形性膝関節症というのは、

この軟骨が劣化してしまう疾患になります。

軟骨が擦り減ると人間の体が反応して

余分な骨(骨棘)ができてしまい、

ツルツルだった関節面を削り、

ザラザラデコボコになり、動くと

痛みを起こすようになってしまいます。

 

また、炎症を起こし、膝に水が

たまるケースもあります。

 

そして、60歳以上になってくると、

たくさん膝関節への負担が積み重なり、

徐々に関節面が痛んでくると、

ツルツルで滑らかだったのが

ざらつきはじめ、反対に軟骨が痛んでくると、

柔らかくなったり、毛羽立ってきて、

軟骨が薄くなってしまいます。

 

さらにひどくなると、軟骨は最後は

無くなってしまうこともあります。

 

軟骨が無くなってしまうと、

骨が表に出て骨と骨がぶつかることになり、

とても痛くなります。

 

骨には痛みの神経が多く存在してます。

これは、変形性膝関節症の末期の状態です。

 

このように、段々と軟骨が変成して

痛んでくることによって、関節が痛く

なっていくのが変形性膝関節症です。

 

60歳を過ぎてから変形性膝関節症に

なる方が多くいらっしゃいますが、

40代から症状が始まっているケースも多々あります。

 

変形性膝関節症を若いうちらから、

また、膝が痛い今からでも、

しっかり理解すれば、日常の生活を改善することで、

膝の痛みに苦しんだり、手術や

車椅子生活になることも避けられます。

 

立つことも、歩くことも難しく

なれば介護が必要になりますし、

筋力がそのまま落ちてしまえば、

寝たきりの生活に繋がってしまう

可能性がある変形性膝関節症は

日頃からのケアで改善できケースもあります。

 

具体的な症状

症状としては、

「目覚めて動き始めに膝が痛む」、

「立ち上がろうとすると膝が痛む」

というものから、進行するとともに

「動かなくても膝が痛む」

というさらに辛い症状になっていきます。

 

痛くなったら?

膝の痛みは我慢せず、整体や病院などに

相談すると良いと思いますが、

 

家でも何かできる?

家でできるケアもありますので、

試してみてください。

 

変形性膝関節症のケア方法

運動を2つご紹介させて頂きます。

注意点を守りながら行ってみてください。

1.ひざに熱がある場合運動しない

2.無理をせず膝に痛みのない範囲で運動する

 

変形性膝関節症を解消する膝伸ばしストレッチ

・両足が床につく程度に椅子に座ります。

・片足を前に伸ばし、伸ばした足に両手を置いて、

つま先を上に向けます。

 

・両手でゆっくりとひざを下に押し付けながら

体を前に倒していきます。

 

呼吸は止めずに30秒間キープします。

 

体を元に戻し、反対の足も同様に行います。

 

コツとしては

 

・つま先を真上に向けるようにする。

・つま先が真上を向いていなかったり、

足が傾いてしまうと、効果が少なくなってしまいます。

・太ももの裏がちゃんと伸びていることを意識する。

 

回数

・左右30秒ずつを1セットとして、1日に2~3セット。

・それが難しい人は自分ができる回数でOKです。

出来たら、徐々に解すを増やしてください。

くれぐれも無理だけはしないようにしてください。

 

変形性膝関節症の痛みを改善すために、

ふとももの筋肉(大腿四頭筋)のトレーニング

・床に座ります。

・ひざの下に柔らかいクッションを入れる。

クッションを下に押しつぶすように、

ひざを伸ばすように力を入れます。

ゆっくり10秒間、この状態をキープします。

この動きを10回ほど繰り返す。

 

コツ

・お尻を地面につけたまま、膝の裏で

地面を押すように力を入れます。

・お尻が地面から離れてしまうと、

大腿四頭筋が使えていませんので、

目的の筋肉が鍛えられないんです。

・実際に太ももの前を触って、

力こぶが出来て硬くなっているか確認する。

 

回数

・片足ずつ、1日2~3セットを目安に。

・自分ができる回数だけでも大丈夫です。

徐々に回数を増やしてみてください。

 

いかがでしたでしょうか。

もし、それでも改善しない場合や

やり方が分からない場合は、

よろしければ当院にご相談ください。

 

TLTM180711-0018_TP_V

 

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————-

新宿駅南口より徒歩5分
ここらぼ整体院新宿院

東京都新宿区西新宿1-18-6 須田ビル5F

050-2018-0668

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————-

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡