> 手足の指先が冷たくなる!辛い末端冷え性の原因は?

手足の指先が冷たくなる!辛い末端冷え性の原因は?

  2018 08 29
  原因

こんにちは。ここらぼ整体院新宿院の末永です。

女性に多い冷え性。特に手や足先など末端の冷えは、

ひどいと痛みを伴うこともあり本当に辛いですよね。

これから寒くなるにつれ、冷えはどんどん深刻化します。

 

けれども冷え性、特に末端冷え性は、生活習慣の見直しや運動、

簡単なセルフケアで改善することが可能です。

今回は、末端冷え性の原因や改善方法についてお伝えします。

 

『末端冷え性とは』

末端冷え性は、体温はそれほど低くないのに、

手足など体の末端まで血液が行き届かず血行が悪くなり、

手や足の指先、足底が温まらず、冷えている状態のこと。

女性、特に痩せている方に多く見られ、

運動などで体を温めたり手袋や靴下で防寒しても

温まりにくいという特徴があります。

 

末端冷え性の主な症状

 

〇手先、足先の冷え

体温が正常でも、手足の指先だけが冷えている状態です。

寒くなると血管が収縮するため血流が悪くなり、

心臓から送り出される温かい血液が体の隅々の毛細血管まで行き届かず、

冷えを起こします。冷えがひどい場合には痛みを感じることもあります。

 

〇不眠

人間は体温が下がると眠くなるので、眠りに入るとき、

体は体温を下げて熱を放散し、皮膚体温が上がります。

けれども就寝前に手足が冷たいと体温が下がらないので、

眠れなくなってしまいます。

 

〇しもやけやあかぎれ

冷えにより手足の血行に障害が起こると、赤い発疹や腫れが生じ、

かゆみや痛みをともなう「しもやけ(凍瘡/とうそう)」や、

水分喪失による肌の亀裂や出血、痛みをともなう「あかぎれ」になりやすくなります。

 

末端冷え性の原因

〇寒い環境

体温を調節している自律神経は、寒さを察知したときに交感神経が優位になり、

皮膚表面や体の末端の血流を滞らせることで、

体の中心部の体温を維持しようと働きます。

そのため、冬の屋外など寒い環境下では、末端部分は特に冷えやすくなります。

 

〇筋肉量不足による血行不良

血行不良は冷えの主な原因ですが、

血行不良となる大きな要因のひとつに筋肉量不足があります。

筋肉は心臓と同じように血液を全身に送るポンプのような働きをするため、

筋肉量が少なく動きが小さいと血液を全身へ送ることができず、

血行不良を招きます。

男性よりも女性に冷え性が多いのは筋肉量が少ないからです。
また、筋肉量が少ないと熱を生み出すことができないため、体が冷えやすくなります。

 

〇体内の血液循環が悪い

低血圧による血行不良、体内の水分不足や食生活の乱れ、

悪玉コレステロールの摂りすぎなどは、

体内の血液循環を悪くするため、血行不良の原因に。

さらに糖尿病なども血行障害の原因となります。

 

〇ストレスによる血行不良

ストレスを感じると交感神経が優位に働き、私たちの体は緊張します。

この緊張状態が長く続くと、血管が収縮したままになるので血行が妨げられます。
また、ストレスにより副腎から出るアドレナリンは、

ストレスを緩和する一方で、血球を活性化するため血液を粘性にすることがわかっています。

 

末端冷え性を改善するには?

末端の冷えは、冷えきっている手先や足先などを温めるとともに、

熱を作りやすい体にし、不足している体全体の熱容量を上げることが大切です。

 

【即効性のある冷え解消方法】

 

〇ストレッチ

冷えを感じたら、手足の力を抜いて、手首・足首をブラブラさせたり、

手と足の指を意識的に動かしたり、指を挟んで 10秒ずつ刺激してみましょう。

簡単に血行促進効果が得られます。

 

〇お腹を温める

重要な器官が集中している内臓が冷えると体は内臓を温めようとするため、

血液は中心部であるお腹へ集中し、手足の末端まで行き届かなくなります。

腹巻やカイロなどで意識的にお腹を温め、体内の血液の偏りを防ぎましょう。

 

〇体を温める食べ物、飲み物を摂る

体を温める食べ物は血流を促進するので、

冷えを感じるときは食べ物も飲み物も温かい物

または常温の物を選びましょう。

また、ニンジンやレンコン、ごぼうなどの根菜や、

生姜や唐辛子、ココアなど体を内側から温めてくれる食材も効果的です。

 

〇有酸素運動

筋肉を使うと血行が促進されるので、日常的に体を動かす習慣をつけることが大切です。

まずは通勤経路などで1駅分歩いてみる、階段を使うようにするなど、

日常生活で体をいつも以上に動かす工夫をしてみてください。

慣れてきたら、ウォーキングなど軽い運動を始めるといいでしょう。

 

〇リラックスして血流を促す

副交感神経を優位に働かせ、活発にすれば、血管が広がり血流が良くなります。

副交感神経はリラックスしているときに活発になるので、

気持ちが落ち着く音楽を聴く、好きなことをする、

意識して深呼吸をするなど、リラックスできる時間を意識的につくりましょう。

 

〇ぬるめのお風呂に長く入る

入浴には、冷えの解消に効果的な温熱効果や、

水圧による血行やリンパの流れの促進、

38~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が優位になり、

血行促進やリラックス効果も得ることができます。
さらに末端の冷えには入浴中の足のマッサージが有効です。

特に第2の心臓と言われるふくらはぎや、

冷たくなりやすい足先や足裏はしっかりとほぐして

隅々まで血液をめぐらせましょう。

 

 

おわりに

末端冷え性は病気ではありませんが、様々な体の不調の原因となり、

将来的に病気を招いたり、深刻な病気の予兆である可能性も…。

これから少しずつ寒くなり、ますます体は冷えやすくなります。

末端の冷えの改善に向け、今日からできることを始めていきましょう。

以上、ここらぼ整体院新宿院  末永がお届け致しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新宿駅南口より徒歩5分
ここらぼ整体院新宿院
東京都新宿区西新宿1-18-6 須田ビル5F
050-2018-0668
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡