> 女性の大敵のむくみ!!改善します!!

女性の大敵のむくみ!!改善します!!

  2018 10 26
  むくみ

こんにちは!

ABC整体グループ、

ここらぼ 整体院ひばりヶ丘院の

加納です。

 

今回は

お悩みの方も多いと思われる、、、

むくみについてです!!

特に女性に多いと言われるむくみや冷えの悩み。

近年は猛暑の影響から夏の屋内は殆どエアコンが利いている為、

子どもや男性にも悩める人が増えているそうです。

夏になると足や身体がむくむという方が、

結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ここではそのむくみの原因や症状、対処法などをご紹介していきます。

むくみや冷えでお悩みの方必見です!!

 

むくみの原因

むくみは、血液や体液の循環が悪くなって、

皮下組織に余分な水が溜まった状態です。

夏になるとむくみやすくなるのは、

冷房で足元が冷え血の巡りが悪くなること、

水分を摂る機会が多いにも関わらず、

水分代謝が悪いために体内に溜まってしまう為です。

また、汗のかきすぎや運動不足による筋力低下も原因の一つ。

女性の場合は、生理前や生理中、

また妊娠中にホルモンが赤ちゃんの為に

血液を増やそうとするため、むくみやすくなります。

 

夏に冷えるって?

気温が上がり、汗をたくさんかく季節になると、

どうしても欲しくなるのが冷たい飲み物や食べ物。

そして、薄着や素足でおしゃれを楽しみ、

シャワーだけの生活など、

心当たりの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、これがむくみの原因になっている可能性が高いのです!

気温が高くなるこの時期こそ、

油断は禁物!手足がポカポカして汗をかくのに、

お腹や太ももを触ると冷たいなんてことありませんか?

それは「隠れ冷え性」のサインかもしれません。

 

隠れ冷え症

隠れ冷え性は内臓型冷え性とも呼ばれ、

文字通り内臓が冷えてしまうこと。

内臓に十分な血液が届かなくなることで、

だるい、疲れやすいなどの症状や、肌あれ、

むくみ、下痢、便秘、アレルギーなど

さまざまな不調を引き起こします。

さらに内臓が冷えると、

代謝が下がりやせにくい体質になります。

放っておくと手足の冷えよりも厄介で、

女性にとって“百害あって一利なし”と言われています。

 

まずは「隠れ冷え性」体質かどうかをチェック!

✓ 平熱が35℃代
✓ お腹まわりや太もも、お尻が冷えていることが多い
✓ 手足や顔まわりは温かい
✓ 胃腸の調子が悪くなることが多い
✓ 肌あれしやすい
✓ 肩こりや頭痛がある
✓ 下半身が太りやすい
✓ 汗をかきやすい
✓ 入浴はシャワーで済ますことが多い
✓ ほとんど運動をしない

当てはまる項目が多い人ほど、「隠れ冷え性」の可能性大!

「夏は冷え性なんて心配なし!」と思っている人こそ注意が必要です。

 

「冷え」と「むくみ」があると、同時に次のような症状も出やすくなります!

●汗かき ●めまい ●頭痛 ●下痢 ●膝痛

これらの症状の原因は、むくみと同じ“冷え”と“水毒”。

共通する原因があるので、併せて抱えていることが多いのです。

お悩みと体質に合わせた漢方で“水毒”をとり、

同時に体の内を温めていくと、根本から体質を改善することができます。

 

むくみには隠れた病気があることも!!

貧血

貧血で「アルブミン」というタンパク質が減少すると、

老廃物や水分を回収することができなくなるため

「むくみ」を生じます

貧血は、頭痛、めまい、

立ちくらみだけでなく、むくみも悪化させるのです。

下肢静脈瘤

足の静脈弁が壊れてしまうと

足元から心臓へ戻る血液がスムーズに戻れなくなり、

青筋(静脈)が浮き出しむくみが生じます。

腎臓の病気

腎臓は血液をろ過して尿として排泄させるので、

機能が低下すると、タンパク尿、血尿、

尿量の増減、高血圧、そして顔や足にむくみがみられるようになります。

肝臓の病気

慢性肝炎やアルコール性肝炎など、

肝臓の機能低下により「アルブミン」の合成が低下すると、

血管内に水分を回収する力が低下するためにむくみが生じます。

肝炎が進行して肝硬変になると、むくみの他に腹水、

黄だん、吐血などもみられるようになります。

心臓の病気

心臓の機能が低下すると、

心臓から全身へ血液を押し出す力が弱まり、

血液の巡りが悪くなり、

血液内の水分が回収しにくくなるのでむくみやすくなります。

その他に脱水が隠れていることも

人間の身体は汗や毛穴で体温を調整しています。

体内に水分がなくなると、発汗を優先させて、

本来排出される尿の水分を減らそうとします。

その時に体内で抗利尿ホルモンが分泌されます。

ただしこのホルモンは、

一度出始めると少なくとも2日間は分泌されてしまうので、

補給した水分は身体に貯まり、むくみが生じてしまうのです。

無理なダイエットで食事、飲み物を制限したりすると、

気が付かないうちに脱水症状を起こしている場合があります。

十分な水分補給、十分な睡眠、適度な運動で内的な予防を心がけましょう。

 

自分でできるむくみ・冷え解消方法

①食べ方でむくみを軽減

水分代謝を良くするには、

塩分(ナトリウム)を控え、

カリウムを摂るのが効果的です!

塩分の強い味付けの物を食べた時は、

身体が水分を欲しがります。

それは体内に増え過ぎた塩分を水で薄めようとするからです。

この余計な塩分を、身体の外に排出してくれるのがカリウム。

カリウムは摂り過ぎた塩分を積極的に排出させることで、

水分も排泄してくれるのです。
 
≪カリウムを多く含む食べ物≫
キュウリ・スイカ・とろろ昆布・きな粉・納豆

煮干し・かつお節・鶏ささみ・レタス・パセリ

ほうれん草・ニラ・よもぎ・里芋・バナナ・アボガドなど

カリウムは利尿作用だけではなく、

血圧の上昇を抑制、

筋肉の収縮をスムーズにする働きがあります。

(ただし、腎臓機能が低下している場合は、摂りすぎには注意が必要です。)

また、カフェインを含むコーヒーや紅茶、

緑茶、ウーロン茶にも利尿作用があります。

むくみが気になる時は、これらの食品を多めに摂り、

体内の余分な水分を排出するといいでしょう。
 

② 適度な運動で血行促進

ウォーキング、散歩、また階段の上り下りなど、

軽い運動で筋肉を使い体中の血行促進をしましょう!
 

③ 着圧ソックスの着用

むくみに役立つと人気の着圧ソックスですが、

着用の際には、以下の点を注意してください。

●添付されている説明書を最初から最後まできちんと読むこと。

●パッケージに書かれているサイズを良く確認すること。

●サンプルがあれば履いてみることがおススメ。

●ひざ下、ひざ上、太もも、スパッツと長さもいろいろあるので用途に合ったものを選ぶ。

なかなかスッキリしないむくみ・冷え! 

実は下腹(下半身)が冷えていませんか?

 

病気じゃないけどムクミやすい

✓ 婦人科系が弱い

✓ 上半身はぽかぽかなのに、下半身が冷える
 
そんな悩みを抱えている人は、下腹が冷えているサイン!

いろいろ試しても効果がなかなか出ない

むくみでお悩みの方の多くは、下半身が冷えています。

そして頑固な下半身冷えの原因は、実は下腹の冷え。

下腹に「瘀血」(血の滞り)が溜まると、

下半身がしつこく冷えて、次のような影響がでてしまうのです。

 

【下腹が冷えると】

●下腹が冷えていると、腎臓・膀胱の働きが低下するため、

身体に余分な「水毒」が溜まりやすくなります。

それがむくみやめまいを引き起こし、

代謝の悪い太りやすい体質を作ってしまいます。
 
●下腹には大腸があります。

下腹が冷えると、腸の働きが低下して便秘しやすくなります。

便秘は体調やダイエットの大敵ですね。

 

本日はむくみの原因や症状、対処法などをご紹介させて頂きました!!

この記事を参考にして頂き少しでもお困りの方の

お役に立てたら幸いでございます。。

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
【ひばりヶ丘駅南口より徒歩2分】

ABC整体グループ ここらぼ整体院ひばりヶ丘院

東京都西東京市ひばりヶ丘1-3-24 小池ビル1F

TEL 042-425-0250
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡