> 睡眠時間はどれくらい必要なのだろうか?

睡眠時間はどれくらい必要なのだろうか?

  2018 10 30
  銀座

こんにちは。

ABC整体グループ

ここらぼ銀座院の大塚です。

 

 

1960年代の日本の平均睡眠時間は

8時間以上あったそうで

それが今では如何でしょうか?

 

6時間以下なんて人も

中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

人が体を回復させるのに

どの程度の時間が必要なのか調べた実験がありました。

 

その実験では人を数日間、特殊な隔離施設で生活をさせ

目覚まし無しの自然覚醒で起き、残りの時間は何をしてても良いというものでした。

 

施設内では外部の明かりは入らず

音も入って来ません。

 

故に、朝に太陽光で眩しくて起きるということもなければ

騒音で起こされることもありません。

 

そんな環境で過ごすと

多くの人は最初、10〜12時間くらい眠るそうです。

 

それは普段の不足分を脳が記憶していて

言わば負債を返済する代償作用として余剰に睡眠をとる様なのです。

 

その様な生活を続けて行くと

自然と必要睡眠時間が短くなっていき

次第に安定してくるそうです。

 

その安定する数字が

8時間半だそうで

この数字が意味する処は

 

人体が本来の機能を維持・回復するのに

必要睡眠時間は8時間半だという事です。

 

更に、この時の睡眠も

深い状態での睡眠が必要で

脳波でいうとデルタ波が出ている状態だそうです。

 

デルタ波が出ている睡眠だと

ちょっとやそっとじゃ起きないくらいの

多少の地震くらいでは起きないくらいの深い状態です。

 

その深い睡眠状態の時に

人体は最大の回復力を出すそうです。

 

現代社会では精神的な緊張を強いられたり

頭を使い過ぎたりと

睡眠の質を下げる様な事も多いと思います。

 

そういった中では

中々、良質な睡眠を取る事は難しいですよね?

 

なので、皆さんのお体に

日々の負債が積み重なっていても無理のないことかと思います。

 

たまにはのんびりと

何も考えない時間があっても良いかも知れませんね。

「ぐっすり寝ているオス猫(スコティッシュフォールド)ぐっすり寝ているオス猫(スコティッシュフォールド)」のフリー写真素材を拡大

ここらぼ整体院 銀座院

銀座一丁目2分
東銀座3分
新富町5分
銀座駅7分

〒104-0061
東京都中央区 銀座2丁目12-3 ライトビル 1F
03-3541-3588

ご相談無料!!

WEB予約はこちらから!

https://www.peakmanager.com/online/index/s0p5a8

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡