> 年明けに気分が落ち込む「正月病」とは?新年のスタートは気持ちよくいきましょう!!

年明けに気分が落ち込む「正月病」とは?新年のスタートは気持ちよくいきましょう!!

  2018 12 05
 

皆さんこんにちは!

ABC整体グループABC整体スタジオ池袋店の阿久津です!!

 

 

正月はたくさん休んだのに、休み明けに

「だるい」「身体が重い」「眠い」などと

感じることはありませんか?

 

 

今回はそんな正月病の原因と対策についてご紹介します!

 

眠気や倦怠感など、うつまで引き起こすことも!

正月明けに気だるさや眠気などを引き起こす正月病は

その状態のままでいると

『正月うつ』といわれる深刻な状態に発展しかねないので、

注意と早めの対策が必要です。

 

 

お正月の『お休みモード』と、年明けの『仕事モード』のギャップの大きさに、

自分の体と気持ちがついていけなくなることが原因です。

 

 

また、正月期間中にせっかくだから……といつもよりエネルギッシュに遊んだ結果、

その疲れが残っていることが原因になる場合もあります。

 

さらに、1月は年度の最終四半期の最初の月として繁忙期を迎える会社が多く、

ただでさえ忙しいので休みとの反動も激しく、消耗しやすい月なので

なおさら体調も崩しやすくなります。

 

 

正月病の3大要因は?

この時期に感じる 「だるい」「身体が重い」「眠い」などの

症状を総称して「正月病」と呼んでいますが、さらにその原因として、次の3つが考えられます。

 

 

原因1―食生活の乱れ―

正月はおせちなどが常に食卓に並び、

食事の回数がいつもより増えます。

 

 

また、のんびりと過ごすことが増えるため、

活動量が少なくなりがち。そうすると、短期間で体重が増えて

身体が重く感じられ、増えた重さの分だけ身体に負担がかかるため、

だるさや腰痛・肩こりにもつながります。

 

また、“だらだら食い”で胃腸が休む暇なく働き続けるため、

胃腸の疲れも感じやすくなります。

 

 

原因2―生活リズムの乱れ―

多忙な年末から一変して、正月はのんびりモードに。

そして休み明けには忙しい生活が始まるというように、

短期間で生活リズムが大きく変わることで疲れやすくなります。

 

 

とくに、若い世代は親がまだ健在なため実家に帰省すると

至れりつくせり。休み明けの忙しさとのギャップが激しく、

だるさややる気の低下を感じやすくなります

 

 

 

原因3―睡眠リズムの乱れ―

「年末年始休み」の間は、就寝時間や起床時間が遅くなり

いつもの睡眠リズムが乱れがちに。リズムが乱れることで睡眠の質が低下すると、

昼間に眠くなるほか、身体の疲れがとれずだるさを感じるようになります。

 

 

さらに、この時期は室内外の寒暖差が一段と

大きくなるために体力も消耗しやすくなり、

1年で最も体調変化が起こりやすいと言えるのです。

 

 

正月病7つの対処法とは??

気持ちの良い仕事始めを迎えるための正月病の7つの対処法を紹介します。

 

1.休み明けの業務をシミュレーションしておく

心の準備のないまま休み明けから忙しい業務に突入すると、精神的な負荷が重くなります。

年明けにどんな業務があるかをあらかじめ上司や先輩にヒアリングし、

心の中でシミュレーションしておくと忙しさにも対応できるのではないでしょうか。

 

 

2.夜更かし、寝坊はできるだけ避け、日光に当たる生活ペースを保ちましょう

生活ペースが一度乱れるとそれを会社モードに戻すのはなかなか大変です。

できる限り、規則正しい生活を維持しましょう。

 

ちなみに、もし出かけるなら昼間がおすすめ。

体を覚醒させるセロトニンというホルモンは、

日光を浴びると活性化します。このホルモンは食べ過ぎや

アルコールなどへの依存を抑える機能もありますよ!!

 

3.「動物性たんぱく質」と「大豆食品」を積極的に摂取する

飲み食いの機会が多いのも正月休み。

どうせ食べるのなら、上述の『セロトニン』の生成を促す効果のある食べ物を忘れないように食べてみましょう!

 

必要なのはトリプトファン(大豆食品など)、ビタミンB6(唐辛子、にんにく、動物性たんぱく質など)といわれています。

ただし、何事もバランスの問題。極度に偏らないように気をつけてください!

 

4.1週間は内臓を休める

年末年始の食べ過ぎ、飲み過ぎは、内臓の疲れにつながります。せめて1週間は飲み会を控え、胃腸や肝臓を休める期間を設けましょう。また、内臓を休めるうえで七草粥はおすすめですよ。

 

 

5.初出社前日は自宅で正月明けの準備にあてる

「生活ペースを正月モードから会社モードに調整するために、仕事始め前日はレジャーなどを控えましょう。

その一日は、会社勤めと同じ時間に寝起きし、日中は休み中に散らかったものの

片付けや明日からの仕事の準備にあてることがおすすめです。

 

6.出社が楽しくなるものを見つける

お正月のセールで、新しい通勤用の服や靴、

バッグなどのアイテムを購入するなどして会社に行く楽しみをつくり、

仕事へのモチベーションを上げるのも良いでしょう。

 

7.自分ひとりで抱えず、相談する

誰かに自分のつらい状況を分かってもらえるだけでもストレスは軽減します。

友人など信頼できる人、あるいは社内にカウンセリング室などがあれば、

カウンセラーなどの専門家に相談するのもおすすめですよ。

 

いかがだったでしょうか。何事も最初が肝心。

新年のスタートで出遅れると、それはその年の仕事に長く影響してしまうかもしれません。

一流のビジネスパーソンだからこそ、

楽しい正月休みもセルフコントロールして、

やる気に満ちた仕事始めを迎えてみませんか⁇

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【池袋駅西口より徒歩2分】

ABC整体グループ ABC整体スタジオ池袋店

東京都豊島区西池袋 1-21-3 リビックオオノビル5F

TEL 03-6914-0738

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡