> メンタルの乱れは「感情」の扱い方で予防しよう!

メンタルの乱れは「感情」の扱い方で予防しよう!

  2018 10 10
  予防

こんにちは!ABC整体グループここらぼ整体院新宿院の西田です。
秋めいた日が続いておりますが、
日によってはまだ夏なんじゃないかってぐらいの
30度超えの日もまだありますねー。
昼と夜の寒暖差が激しいので、
風邪を引かれている方が多いです。

さて、私前回「秋うつ」について記事を書かせていただきましたが、

今回も引き続き、心の「メンタル」についての考えをまとめてみました。
皆さんのお役に立てればこれ幸いです!

ストレスの本当の原因とは??

人は誰もが、いつも常に頭の中で四六時中、
ほんっとうに様々な考えや思考を
とめどなく巡らせています。

「あれ食べたい」とか
「仕事めんどくさいなー」とか
「あれしなきゃ、これしなきゃ」とか、
家族のこと、友達のこと、恋人のこと、
過ぎ去った過去のこと、
まだみぬ未来のこと、
不安、恐れ、喜び、悲しみ、怠惰、、
私たちは日々、無意識にほんっとうに
とめどなく色々なことに思い巡らせていますね。

それって、一日の中で、回数で言ったら
どれだけの量なのか知ってますか??

一日六万回!!!

と言われているんです!

六万回って言われてもあんまりピンと来ないですよね(笑)
そんな心のおしゃべり、頭の中のつぶやきは、専門用語で、

「内的対話」

といいます。実は、この心のおしゃべり、
「内的対話」こそが、
ストレスの本当の正体なのではないかと
言われています。

実際に起こる出来事よりも、
それを受け止める人それぞれの
「感じ方」にストレスを鎮める鍵があるのでは!
というお話です。

内的対話はどこからやってくる??

その人の物事の感じ方、内的対話、
心のおしゃべりはどこからやってくるのでしょう。
それは、「潜在意識」という「無意識」からやってきます。

普段私たちが意識して考えていることが、「顕在意識」、
無意識で行っていることが、「潜在意識」といいます。

無意識の領域には、生まれてから今までの
思い出せないぐらい膨大な全ての記憶が
メモリーされていると言われています。
(それは、脳の大脳辺縁系にあります。)

99:1の割合で、「無意識」の方が
心全体の割合を占めていると言われるほど、
実は無意識の影響ってものすごいんです。

生まれてから今までに育まれてきた価値観や考えの癖、
はたまた生まれ持った性質など、
すべてがこの無意識のメモリー(大脳辺縁系)に入っていて、

なにかしら外部や他人から「刺激」を受けると、
それに反応するように内的対話が自動的に
心を支配する、というメカニズムになっています。

ニコニコ動画の右から左にとめどなく
流れてくるコメント、みたいなイメージですね!

この内的対話、心のおしゃべり、
ものごとへの感じ方がネガティブなものが多い場合、
これはこれは厄介です。

「フラッシュバック」といって
過去に起きた似たような出来事を芋づる式に引っ張り出して、
自分で勝手に繋げて繋げて
どんどんネガティブスパイラルに
ハマってしまう可能性もあります。

はたまた、人の良い優しい人に多いのが、
「感情にフタをする」というもの。
または「いやな感情を抱いた自分を否定する」
「なかったことにする」という事もあります。
心当たりはありませんか??

これは、実は非常に良くない習慣です。
自己否定、自己批判と言うのは
なによりも自分自身を
苦しめてしまうものなんです。

そういったクセがついてしまっていると、
どんどんネガティブ感情は増幅していきます。

そうやってネガティブスパイラルにハマると、
自分自身だけで抜け出すのが難しくなり、
やがて鬱やパニック障害などの心身症にもなりかねないです。

とは言っても、心の問題、無意識の問題って
コントロールしたくても出来ないから
ほんとうに難しいんですよね。。

心理学やカウンセリングの世界でも、
今や様々な考え方やアプローチの仕方がありますが、
その中でも私が考える、一番シンプルで
今すぐできる方法をご紹介したいと思います。

やってみよう、自我観察!

その名も「自我観察」と言います。
またの名を、「メタ認知」とも言います。

どういうことをするかというと、超簡単です。

独り言に「、、、、と思っている。」と付け足してみよう。

どういうことじゃい!

要は、「自我観察」とは、
自分の感情を客観視する、ということです。

例えば、不安になった場合。

普通は「うあ~、どうしよう」
って不安な感情とと一体になりますよね。

その時に是非、「どうしよう。。と、思ってるなー。」
と一言付け加えてみて下さい。

はたまた、イライラしている時は、
普段は「ああームカつく!」
ってなってますよね。

その時に、「イライラしているなー。」
「ムカついてるんだなー。」
と何度も思うだけです。深呼吸しながら。一歩引いてみるイメージで。

自分からでてきた感情を無視せず否定もせず、
ただただありのままを観察するだけです。

それだけで、感情に巻き込まれず、一歩引いて
少し冷静になることが出来ます。

それ以上ネガティブ感情を深堀りすることもなく、
芋づる式に、雪玉式に大きくなることも激減するでしょう。

これを、毎日の中でクセづけして習慣化していけると、
それだけでストレスはめちゃくちゃ減ると思います。

この「自我観察」をすると、脳の司令塔である
「帯状回」という非常に大切な部位が
活性化するという脳医科学的な裏付けもしっかりあります。

だまされたと思って、ぜひ一度試してみてほしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ちょっとマニアックな回でしたかね。(笑)

皆さまのご健康をいつも願っております。

以上、新宿院の西田がお送りしました。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー
新宿駅南口より徒歩5分

ABC整体グループ
ここらぼ整体院新宿院

東京都新宿区西新宿1-18-6
須田ビル5F

03-6302-0955
ーーーーーーーーーーーーーー

ブログ一覧へ   

ABC整体グループは全国各地に展開中!
お近くの整体院へ是非いらしてください。

  東京整体院の紹介

池袋院
新宿院
ひばりヶ丘院
銀座院
本郷三丁目院

  新潟整体院の紹介

新潟院

  大阪整体院の紹介

大阪院

  千葉整体院の紹介

本八幡院
柏市

  兵庫整体院の紹介

尼崎市

  埼玉整体院の紹介

北足立郡